あとりいえ。


勝手に



組子コースター。
手元にあった20個が、数日でなくなっちゃうほどの大人気!!!
実際作ってもらって、
いろんな話を聞かせてもらいました♪

その間にも着々と話は進み。
勝手に手作りしてプレゼンしたパッケージらしきは、
そのまま採用となり♪
白木部分を能登ならではの「アテ(能登ヒバ)」にして、正式につくりはじめたようです!

そんな中「これの鍋敷きがほしい」って声を多数!!いただいたので、
これまた勝手に図面らしきをつくって、先方にプレゼン☆
結果。やったぁ!!!
検討してもらえそうです♡

コースターはそう遠くない未来、店頭に。
鍋敷きもそのうち、きっと♪

こころいき



大工さんたちの心意気が嬉しい☆
自分の工場に眠っていたという木材を引っ張り出して、
使ってくれています♪

能登ならではの木材、アテ(能登ヒバ)。
それがもー、現場一帯よい香りで♡

今日は、さらに一歩進んで、クサアテ&マアテ&カナアテの違いを学びました〜♪
真壁や仕上で木を見せる現場が少なくて余ってるからとか言って
持ってきてくれてますが、それだけじゃない。
本当、有難い☆

この地区の、家も納屋も、自身が所有する山の木でつくられています。
田もあって、春は田植えから。
山菜等の旬のモノは、どこにでも生えてます。
最初、家も含めた自給自足が成り立っていることに驚愕!!!
してたのですが、ここでは当たり前のことのようで。

ここに来るたび、
本当の豊かさってことを感じます☆

ーーー
■(仮)カフェ&ギャラリー「いわな」|七尾市中島町河内(旧岩穴地区)|2020.春オープン予定

金唐革紙





まぼろしの!金唐革紙、金沢にもあった~!!

先週。砺波郷土資料館で金唐革紙なる壁紙を見て、
その流れで、金沢&加賀にも残っていそうだということを知る。
で、行ってきましたー♪
行ったことあるのに知らず、新たな発見!!!

国内での現存数は十数ヶ所らしく、
国会議事堂や鹿鳴館、旧岩崎邸庭園といった名だたるところばかり。
さらに、製造技術も一度途絶えてしまったことから「まぼろしの」と呼ばれているそう。

そんな中、旧前田家本邸(目黒区駒場)にも使われていて、
金箔ってところで、県内にもっと眠ってるんじゃないかって気がして、
興味津々!!!

ーーー
■砺波郷土資料館(旧中越銀行本店)|富山県砺波市花園町
■無限庵(旧横山家書院)|加賀市山中温泉下谷町
■黒門前緑地(旧検事正官舎)|金沢市丸の内



鎮座




スツールと中座椅子が入り、
ギャラリー用の白い壁も整いまして、
オープンに向けての準備、着々と進んでおります☆

2階の床の間には、
思いがけない偶然が重なって、
只今ハープ鎮座中♪

オープンまで、約1ヶ月です!!

ーーー
be金沢|金沢市東山2-1-13|2019.7.6.sat.11:00~

Japan News


山超え谷超え。現場打合せに行くと、英字の新聞が〜。
その集落で300年以上燃え続けている、
いろり火「火様(ひぃさま)」の話がなんと!!世界に発信されたそうで♪

なんて書いてあるかは、よく分かりませんが、
写真には、そのありがた〜い火様で、
300年のおにぎり」をいただこうとしてる決定的瞬間が!!!
あっ。私もうつってる、笑!

まだ現場の真っ最中なのですが、なんだかいろいろ
賑やかです☆

ーーー
■(仮)カフェ&ギャラリー「いわな」|七尾市中島町河内(旧岩穴地区)|2020.春オープン予定

コア


週末無事、オープンしました☆
ひとまず、ほっ。
関わらせてもらって2年半。
本当に多くを感じ&学ばせてもらいました。

オープンしてすぐ、豆腐屋さんが通りかかったので、みんなで豆腐〜♪

1ヶ月の会期。の中で、
次につながる出逢いが1つでもあれば大成功!!!
というようなコアな展示。
7日、15日にはつくり手の方がおられます〜
より深い話が聞きたい方は、この日に合わせて是非っ!!!

ーーー
KAI|金沢市東山2-8-25|2019.6.1.sat.11:00.OPEN!

およめに


80代、90代の方々からの寄付が相次いでます♪
ご自宅までお伺いして、いろんな話を聞かせてもらって、
大事にされてた本をいただいてきてます!!

先日は、書の先生のところへ♪
芸術新潮、季刊銀花、小さな蕾といった、
興味のある!それも見たことない古いバックナンバーをいただけて、ワクワク☆

1冊にかけてる作り手側の情熱と、読み手の深い想い。
今の何十倍、何百倍も感じます♡

帰り際。
「いいとこお嫁に行ってよかった。」
数日後には、お葉書で。
「私の好きな本たちがお役にたててとてもうれしいです。」
心に響きます、大事にします!!!

ーーー
夜の図書館もーり|金沢市材木町27-19(あさのがわのいえ)|2019.4.27.sat.19:00〜

可能性としての木造


設営2日目。
継手仕口のアクリル部分に照明が灯りました!

ちょうど1年前。森美術館で開催されてた「建築の日本展」
その最初のセクション「1.可能性としての木造」に、この継手仕口は展示されてました!!
その時から、ここKAIで展示できたら〜♪
という話はふんわりあって。

オープニングで見事、実現!!!
嬉しいな〜♪

組子同様、大きな可能性を感じてて、見てるだけでワクワクしますっ♡
日本の伝統技術=伝統美、本当に素晴らしいです!!!

ーーー
KAI-KI Exhibition|KAI(金沢市東山2-8-25)|2019.6.1.sat.-30.sun.
建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの
 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)|2018.4.25.wed.-9.17.mon.

継手仕口


継手仕口を見ると、
大工さんってスゴイ!!って思います♪
それが、木と木ではなく、
木とアクリルでつくられているという。これはもー、芸術品です!!!

見たことのない角度から、じっくりと。味わえます☆
建築お好きな方は、ぜひ!!!

町家自体の改修が終わってからも
少しだけ、関わらせてもらっておりまして。
いよいよ!今日から設営〜♪

動き出します!!!
ーーー
KAI|金沢市東山2-8-25|2019.6.1.sat.11:00.OPEN!

■(仮)東山2丁目ギャラリー|金沢市東山|2019.1末竣工

せいこう


先日の組子コースター。すっごい好評で、
いくつかのショップから引き合いまであって、びっくり!!!

これは、パッケージらしきがないと!!
と思い立ち、勝手に手作りして、先方にプレゼン。
結果。やったぁ!!!これを元に、話を進めてもらえることになりました〜♪
店頭に並ぶ日、遠くないかもです♡

ほんの5分で組み立てられて、
建具屋さんの技術の素晴らしさを感じることができる☆
他にも。いろんな可能性がありそうで、
ワクワク♪


1 / 17312345...102030...最後 »

©ateliier